気になる目の下のたるみを撃退|セルフケアもできる

美容整形による解消術

鏡を見る人

いろいろな方法

顔の肌にたるみが目立つようになると、老けた印象を持たれてしまいます。特に頬の部分はたるみやすく、それによってほうれい線ができてしまうのでなおさら目立ちます。たるみがおきる原因は、紫外線や肌の老化だけではありません。実は姿勢の悪さも影響してくるため、パソコンやスマートフォンを常に使っている人たちは要注意です。頬にできてしまったたるみは、状態によっては美容整形が適している場合が多いです。症状が進んでしまうと化粧品だけでは改善も難しくなってしまうため、医療の力が効果を高めてくれます。頬のたるみには、それに最適な方法が美容整形では豊富に用意されています。美容成分を注入していく方法や、機械を使った照射での治療、そして特殊な糸を使った施術など、メスを使わない方法も多いです。手術も当然行われており、これで問題の症状も目立たなくなります。頬がスッキリと張りのある肌になることで、一気に老けた印象もなくなります。

具体的なメリット

頬のたるみを解消できる美容整形をリフトアップと言います。アンチエイジングの中では、このリフトアップを希望する人は大半を占めます。それぐらい気にする人は多く、やはり頬の部分に集中してしまうのです。手軽に受けられる美容整形では、ヒアルロン酸などの注入や機械で肌の再生能力を高める働きが挙げられます。施術時間も短く、当日から化粧ができる場合も多いです。1回の費用もそれほど高額ではないことから、人気が集まっています。特殊な糸を使った方法では、頬の内部からたるみを上手く引き上げた状態にしていきます。使われる糸は自然に解けるので抜糸の必要もありません。皮膚を切開して引き伸ばす手術は、昔から行われている定番の美容整形ですが、一番効果が期待される方法です。最近では表在性筋膜から引き上げていく方法が行われるようになり、より高い効果と持続性が維持できるようになりました。たるみが目立たなくなるだけで、5歳から10歳ほどの若返りが実感できます。日ごろからできる対策もいいですが、確実な効果なら美容整形が適しています。